しおっちの特別でないただの一日


ノッティンガム フォレスト この兵力整備構想で巡洋艦については、重巡は当分のあいだ米海軍が増勢しないものと予想されること、主力艦、空母など早期の建造着手を必要とするものが多いので、軽巡は当面、現有勢力を維持することで忍ぶなどの理由により、前記の新造はすべて新軍備後期計画で実施する方針とされた。就航後数年間はバンコクだけではなくて、ドバイやムンバイも経由していたことがある。高角砲=四〇口径八九年式一二・一番艦の最上は昭和六年十月二十七日に呉工廠で起工、同九年三月十四日に進水、十年七月二十八日に竣工した。九六ノットと、通常の二枚舵を装備した三隈の三六・艦橋構造物は別稿で述べるように、友鶴事件の反省から非常に小型化され、トップに九四式一型方位盤を収めた射撃塔があり、その下部に六メートル測距儀を内蔵した測距塔がある。

ついで昭和十六年度戦時建造計画(○急計画)で、一二、二〇〇トン型の伊吹型二隻の建造をきめ、当面の所要量重巡二〇隻体制を実現せんとしたが、これは未成に終わった。結局、無条約時代を迎えて日本海軍が企図した巡洋艦新造計画は、わずかに阿賀野型四隻と大淀型一隻の、軽巡五隻が完成しただけであった。昇格一年目なので2ndGKにお金を出す余裕はなかった… アーセナルとの8月のアウェーゲームは、1984/85シーズンの開幕戦で、昇格したばかりのチェルシーがケリー・ これを整理すると、国防所要兵力量として定めた重巡二〇隻、軽巡八隻、水雷戦隊旗艦用軽巡六隻、潜水戦隊用軽巡七隻のほかに、艦齢を超過した重巡四隻と五、五〇〇トン型軽巡六隻を準第一線兵力あるいは予備兵力として保有する構想であった。

軽巡は④計画で水雷戦隊旗艦用の阿賀野型(六、六五〇トン型)四隻と、潜水戦隊旗艦用の大淀型(八、一五〇トン型)二隻の建造が決まり、これらは大淀型一隻をのぞき完成した。以上の第一線兵力にくわえて、古鷹型および青葉型各二隻で構成した一個重巡戦隊と、艦齢超過の五、五〇〇トン型軽巡を旗艦とする一個水雷戦隊を、予備兵力として控え置く計画だった。主砲=六〇口径三年式一五・高角砲の四〇口径八九式一二・ とうじ日本海軍は、国防所要兵力量の整備を、新軍備第一期計画(昭和十二~十五年度の四ヵ年計画)と、新軍備後期計画(昭和十六~二十一年度の六ヵ年計画)の二段階にわけて実施する考えであり、実際には前者はのちの昭和十二年度海軍補充計画(③計画)、後者は着手時期が繰り上がって昭和十四年度海軍軍備充実計画(④計画)以降の建艦計画として実現した。

対米戦劈頭にフィリピン攻略を任務とした第3戦隊には、艦齢を超過した五、五〇〇トン型軽巡四隻による一個巡洋艦戦隊を配備して、この艦隊の基幹にした。七センチ砲も、本型が巡洋艦としては初めて採用した新型砲で、当初の計画では高雄型と同じく単装四基を計画していたが、その後の要求で増強されたものといわれている。機関は日本艦艇としては最高の一五二、〇〇〇馬力という高出力が要求され、速力も巡洋艦としては最高の三七ノットという高速力を計画していた。 このうち向こう十年間に新造を要するのは、すでに述べたように一〇、〇〇〇トン型重巡六隻(六〇、〇〇〇トン)、六、〇〇〇トン型軽巡八隻(四八、〇〇〇トン)、水雷戦隊旗艦用六、〇〇〇トン型軽巡六隻(三六、〇〇〇トン)、潜水戦隊旗艦用六、〇〇〇トン型軽巡七隻(四二、〇〇〇トン)の合計二七隻、一八六、〇〇〇トンである。

その他の興味深い詳細ニューカッスルは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。


Leave a Reply

Your email address will not be published.