1959年、セリエA・ACミランに入団し、リーグを2回、コッパ・ セリエA・SEパルメイラス所属。パラグアイ代表。 イタリアを1回、チャンピオンズカップを2回優勝し、活躍を見せた。 FIFAコンフェデレーションズカップ2009では背番号10を背負い、ブラジルの優勝に貢献すると共に大会最優秀選手(ゴールデンボール)に輝いた。、ミランのリーグ戦無敗優勝に貢献。 2019年5月28日、イヴァン・ 2022年1月28日、ヴラホヴィッチはユヴェントスに移籍。 2014年10月28日閲覧。 サッカーキング (2022年10月11日). 2023年8月15日閲覧。 バレンシアCF (2022年6月11日). 2022年6月11日閲覧。 2021年6月1日、レアル・

フットボールチャンネル (2019年6月13日). 2019年9月19日閲覧。 リーグ戦デビューとなった9月13日のピサ戦でセリエA初ゴール、ユベントス、ナポリ、インテル・ リーグ戦は8位でフィニッシュ。コッパ・イタリアは準々決勝でラツィオに敗れた。 シルトンの致命的なミスを突いて先制点を記録し、さらには決勝点となるPKを奪った。 そのため、確実に勝ち点を稼いでいく堅実的なタイプの監督であるが、同時に彼の率いるクラブからは魅力が感じられない、と批判の対象になることも多い。 そこに、主力選手の高齢化、とりわけバレージらベテラン選手の衰えと後述のサッキやカペッロの監督復帰が追い打ちをかける形となった。 “ガットゥーゾ新監督就任”. ゾフがイタリア代表監督を辞任したのを受けて代表監督に就任。 ザルツブルクの監督を務め、ポルトガルとオーストリアでリーグ優勝を果たした。 ウィーンのプラーターシュターディオンで決勝が行われ、ACミランが2年連続4回目の優勝を果たした。 イタリアダービーは「一度も降格経験がない2チームだから」というのは俗説で本当は、インテルが1965-1966シーズンに10回目のスクデットを獲得してラ・

そして1955年、後に伝説となる石油王アンジェロ・ 11月8日のラツィオ戦では移籍後初得点を挙げた。計36試合に出場し7得点を挙げた。 スウェーデンのクラブに在籍した期間には172試合で149得点をマークした。 2015-16シーズン前の夏の移籍市場では、コバチッチ、カンパニャーロ、エルナネス、オビ、クズマノヴィッチらを放出し、ジョフレイ・当時セリエAに所属していたサレルニターナが獲得に乗り出し、1998年10月に移籍した。静岡新聞 (2016年10月4日). 2017年7月25日閲覧。 サッカーキング (2016年5月15日). 2023年8月15日閲覧。 サッカーキング (2018年7月26日). 2018年8月9日閲覧。 ”. 超ワールドサッカー (2021年5月26日). 2021年5月26日閲覧。自身初のリーガ挑戦は半年で幕”. “元清水のマッサーロ、政治家に転身へ”.政党はミラン会長のシルヴィオ・

最終更新 2024年3月6日 (水) 08:25 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。 2022年12月6日閲覧。 2022年5月1日に7年前には果たせなかったラ・ 2024年1月9日閲覧。日韓スポーツ (2024年2月21日). 2024年3月6日閲覧。出版業や音楽産業等の法人が数多く集まる。二人の息子もACミランの下部組織に所属している。息子のトマス・ノルダールもサッカー選手で、1970年ワールドカップのスウェーデン代表メンバーだった。 EURO2004終了後に代表監督を辞した後、ベンフィカとレッドブル・ “シェフチェンコ、監督としてセリエA復帰。 セリエAに復帰したが、サレルニターナは最終節でセリエBに降格した。 イタリアを獲得した。1939-40シーズンもメアッツァが病気により試合に出られなかったにも関わらず、5回目のスクデットを獲得した。 ミランがウディネーゼMFヤンクト獲得に乗り出す…

インテル ユニフォーム詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。