タイタニック号沈没の原因は火災だった 2022年9月18日世界まる見え


2016年には「早期の慢性膵炎」の概念が取り入れられた世界的な新しい疾患の定義も提唱されており、早期慢性膵炎に関する議論が世界で活発化しています。世界レベルでの議論を経てつくられたMechanistic Definitionが発表されることで、今後、慢性膵炎という疾患をもう少しダイナミックに捉える傾向になってくるのではないかと期待しています。 こうした世界的な定義の発表もあり、早い段階で慢性膵炎をどのように診断すべきか、慢性膵炎をどう分類していくかという論議が活発化しています。日本膵臓学会、日本消化器病学会、厚労省難治性膵疾患調査研究班の 3 団体は、2009年に「慢性膵炎臨床診断基準」の改訂を行い、そのなかで慢性膵炎の早期病変とその診断について記載しました。 Mechanistic Definitionの策定が始まったのは、2014年にサウサンプトン(英国)で行われた第46回欧州膵臓クラブ会議 & 国際膵臓学会 (EPC & IAP) 合同会議でのことです。欧州で階段を駆け上がるのがいかに険しいのかを、自分の体験から痛切に感じています。

これまでのアーセナルと比べると、ボールの流れが決まっていた感があった分、変幻自在な要素は減っていた。 ウェスト ハム Mechanistic Definitionでは、慢性膵炎を発症する人はもともとの遺伝的素因や環境的要因などさまざまな要素をもっており、そうした方々が膵実質の障害といったストレスをきっかけとして、線維化を伴う持続する炎症(慢性膵炎)を発症するのだと考えています。保持でメチャクチャに振り回す感は少なかったアーセナルだったが、その分他の要素が補うことが可能なのが今の彼ら。彼は優れたプレー、ハードワーク、ゴールを担保してくれる。 そもそも「慢性膵炎」の定義とは?現在の日本において、「慢性膵炎」の定義は2009年に改訂された早期慢性膵炎の診断基準を含む慢性膵炎臨床診断基準に記載されています。 その診断基準によると慢性膵炎は、下記のように定義されています。 そのため従来の診断基準では「治らない慢性膵炎」しか診断できず、有効な治療が行えないのではないかという考え方が、徐々に広まっていきました。 そうしたなか近年では、慢性膵炎の定義をより柔軟に捉え、早期の段階で慢性膵炎をみつけることで「進行した慢性膵炎」になる前に治療を進めていこうという考え方が広まってきています。

クリスタル パレス この議論には世界中の膵臓領域を専門とする医師があつまり、広い視野を取り入れながら慢性膵炎の定義について論議されました。慢性膵炎では、みぞおちから背中にかけての腹痛、吐き気、体重低下、糖尿病の発症といった症状がみられます。 この定義は、慢性膵炎の発症機序まで考え、それぞれの臨床経過全体を診断していけるような基準をコンセプトとしてつくられています。本邦で初めて慢性膵炎の定義が提唱されたのは1971年のことですが、当時の慢性膵炎診断基準は、異なる成因によりもたらされる共通した完成像、つまり「かなり進行した末期の慢性膵炎」を診断するための基準でした。早期慢性膵炎の定義が提唱される前まで、慢性膵炎の定義は「完成した慢性膵炎」のみを捉えた概念でした。 そして2016年には、世界的な慢性膵炎の新たな定義が提唱されました。 こうして新たに「早期慢性膵炎」という疾患概念が提唱されました。

そのため早期の診断が難しく、比較的進行した状態で診断される方も少なくありません。進行した慢性膵炎は「治らない慢性膵炎」と考えられます。進行すると膵外分泌・消化器病態学分野 教授 下瀬川徹先生にお話を伺いました。本記事では変わりつつある慢性膵炎の定義について、記事1に引き続き東北大学大学院医学系研究科・従来の慢性膵炎の定義では早期発見が難しいことが議題にあがり、定義を変えていこうという方針が打ち出されました。早期治療に注目が集まりました。早期に患者さんを見つけ出し、より早い段階で適切に治療を行うことができれば、「末期の慢性膵炎」へ進行してしまうのを未然に予防できる可能性があります。


Leave a Reply

Your email address will not be published.